find

新潟市 潟のデジタル博物館

調べる

くらし文化

内沼神社うちぬまじんじゃ

名称 内沼神社(うちぬまじんじゃ)
分野  神社
画像
関連する潟 福島潟

江戸時代の中頃、福島潟は内沼周辺まで広がっていて、ここが福島潟開発の最前線だったと考えられている。社殿に納められている元文元(1736)年の石柱(縦13cm×横21cm×高さ90cm)には、「近江から新発田に移住した沢村太兵衛(さわむらたへえ)の孫の六郎兵衛が享保15(1730)年にこの地を購入し、今は田畑を開発している」と刻まれている。県内最大の潟「福島潟」の開発を示す市内最古の資料として、石柱は新潟市の有形文化財に指定されている。近くには、かつて福島潟の一部だった内沼潟もある。

前のページ戻る

データベース検索

フリーワード
カテゴリ

索引